亡くなった夫の相続放棄。私(母)が子どもの代わりにできますか?



answer

解説する男性のイメージイラストあなた(母)が子どもの代わりに手続きすることができない場合があります。

未成年のお子さんは、法律上、制限行為能力者と呼ばれます。

制限行為能力者の法律行為は極めて限定されており、その多くは親権者が代理で行うことができます。

もっとも、お子さんと親御さんの利益が対立する場合にまで親御さんが代理でお子さんの法律行為ができるとすると、親御さんが自己の利益のためにお子さんの利益を損なわせる危険があります。

そこで、親権者である親が子の利益を損なわる事態を回避するため、法律では、利益相反の場面では、親権者は特別代理人の選任を家庭裁判所に請求しなければならないと定められています。

今回のような相続放棄の場面でも、親権者の利益と子どもの利益が相反する場合には、特別代理人の選任が必要になりますので、利益が相反するかを個別にみる必要があります。

 

子どもだけが相続放棄をする場合

子供のイメージイラスト例えば、父が莫大な資産を残して死亡し、その相続人が母と子だけの場合、子どもが相続放棄をすることで、母が相続財産のすべてを相続することが可能になります。

したがって、この場面では、子どもと母の利益が対立することになりますので、母が子どもに代わり、相続放棄を行うことができません。

そこで、母は、特別代理人の選任を申し立てる必要があります。

そこで選任された特別代理人が、未成年の子どもに変わり、相続放棄をするかどうかを判断することになります。

なお、被相続人の負債を親権者である母が一人で負担することを目的として、子どもだけ相続放棄をしたいと考える場面でも、法律上は利益が相反すると考えられ、特別代理人の選任が必要です。

利益が相反するかどうかは、親権者の意図により決められるものでなく、法律行為の側面から判断されますので、注意が必要です。

 

母親と子どもの両方が相続放棄をする場合

親子のイメージイラスト母と子どもの両方が相続放棄をする場合、子どもが相続放棄をすることで母の利益が増える関係にはなりませんので、そもそも利益相反関係にありません。

したがって、母は、通常通り、子の相続放棄を代理で行うことができます。

このように相続放棄は、親権者が行うことが可能な場合と可能でない場合があります。

相続放棄についてお困りの方は、ぜひ一度、当事務所にご相談ください。

 

 

「相続放棄」についてよくある相談Q&A