葬儀費用を遺産から出した後に、相続放棄はできますか?



answer

解説する男性のイメージイラスト葬儀費用を遺産から出した後も、相続放棄できる可能性が高いです。

被相続人が亡くなった直後、相続人が、被相続人にプラスとマイナスの財産がどれほど残っているのかわからないことも珍しくはないでしょう。

他方で、葬儀は亡くなった直後に行われるのが一般的ですが、決して派手ではない、一般的な葬儀を行うにしても、それなりの費用がかかります。

そのようなとき、被相続人が預貯金を残して死亡していれば、その預貯金から葬儀費用を出したいと思うのも無理からぬことです。

しかし、ここで注意しなければならないのは、被相続人の預貯金から相続費用をねん出することが、法律上の相続の承認行為である「相続財産の処分」に当たらないかということです。

これに当たると判断されてしまうと、その相続人は、相続を承認したことになり、その後被相続人に多額の借金が発覚したとしても、相続放棄の手続をとることができなくなってしまいます。

葬儀費用などのイメージイラストこの問題について、裁判例には、被相続人に債務があることが分からない状況で、被相続人が相続財産である預貯金等を葬儀費用にあてることは、その出費額が社会的にみて不相当に高額なものとは言えない場合には、「相続財産の処分」にはあたらないと判断したものがあります。

つまり、葬儀費用の金額が、不相当に高額でなければ、その相続人は葬儀費用を相続財産から支出した後に相続放棄の手続をとることが可能と考えられています。

相続葬儀費用に関してはこのように考える余地がありますが、相続を承認するか放棄するか決めていない状況で、安易に相続財産を費消してしまうと、「相続財産の処分」とみなされ、その後相続放棄の手続がとれなくなってしまうこともあります。

したがって、被相続人が死亡した後は、できる限り相続財産には手を付けず、被相続人の財産について速やかに調査を行うようにしましょう。

相続が発生した後にとった行動で取り返しのつかない事態にならないようにするためにも、相続の際の判断に迷った場合は、速やかに相続専門の弁護士にご相談されることをおすすめします。

 

 

関連Q&A


[ 相続Q&A一覧に戻る ]