相続放棄はいつからできますか?



answer

解説する男性のイメージイラスト被相続人が死亡した後、自己のために相続が発生したことを知った時から3か月以内に行うことができます。

 

被相続人が死亡した「後」であること

相続放棄することを早くから決めている人は、被相続人の生前に相続放棄できないの?と疑問に思うかもしれません。

解説する男性のイメージイラストしかし、被相続人の生前に、相続人が相続放棄の手続をすることは認められていません。

また、被相続人の生前に、のちに相続を放棄することを契約したとしても、あるいは他の相続人の前で宣言していたとしても、無効であるとされています。

したがって、相続を放棄したい人は、相続が開始した後速やかに、相続放棄の手続を行わなければなりません。

 

自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内に行うこと

時計また、相続放棄には、3か月という期間制限があります。

この3か月のカウントは、相続が開始したときからでなく、自己のために相続が開始したことを知った時から開始するのがポイントです。

したがって、被相続人が亡くなってから3か月が経過した後でも、相続放棄の手続ができる場合があります。

また、被相続人が亡くなった際は相続人としての立場を有していなかったけれど、第1順位の相続人が相続放棄の手続をしたために相続人としての地位が回ってきた者に関しては、被相続人が死亡した時点では自己のために相続が発生していなかったわけですから、この3か月のカウントは始まっていません。したがって、第1順位の相続人が、3か月の期間ぎりぎりに相続放棄の手続をとったとしても、第2順位の相続人が数日しか手続をとる日が残されていないということにはなりませんので、ご安心ください。

このように、相続人の順位によっても、3か月の期間は異なりますので、注意が必要です。

以上のように、相続放棄は、被相続人が亡くなった後しかできないうえに、相続の開始を知って3か月以内にしなければならないという厳しい期間制限もあります。

この短い期間内に確実に手続をすすめるためにも、相続放棄についてお悩みの方は、速やかに相続専門の弁護士にご相談されることをおすすめします。

 

 

関連Q&A


[ 相続Q&A一覧に戻る ]
 

弁護士が教える!相続お悩み別解説