相続人の生死と居場所を確認する方法を教えてください。



answer

家の写真遠い親戚が亡くなり、自分は相続人の1人だけれど、他の相続人の生死も、居場所も分からず困っている、とのご相談は意外と多くあります。

この場合、まず亡くなった人の死亡の記載のある戸籍謄本ないし除籍謄本を取得し、その人の出生の記載のある除籍謄本まで遡って取得します。
もし結婚などを理由に戸籍から抜けている人がいれば、その人の新しい戸籍を取得する必要があります。
戸籍の取得が完了した後は、相続人関係図を作成しましょう。この関係図があれば、どの人が相続人か、一目で明らかになります。

集めた戸籍は、今後、遺産分割調停を申立てたり、不動産を相続に基づき登記したりする場面で必要になる可能性がありますので、大切に保管して下さい。

相続人が判明したけれど居場所が分からない場合、戸籍の附表を取り寄せます。
しかし、戸籍の附表を取得しても、「消除」の記載とともに、相続人の最終住所地が抹消されている場合があります。これは、相続人が引越しの際住民票の転出届を出さなかったために、市町村長が職権で当該住民票を消除した(消えて無くならせた)ことを示します。

この場合、戸籍の附表から当該相続人の住所地を割り出すことはできません。
その他、親族などを伝っても居場所が確認できない場合は、「不在者」として手続を進めることになります。

他の相続人の生死や居所が分からないと、残された不動産の処理や管理に困るなど、いろいろな場面で不都合が生じます。
しかし、上記の方法により相続人の居場所を探し当てたり、見つからなかった場合、その後の手続を1人で進めることは、なかなか困難です。

親戚が亡くなったけれど、その後の手続に困っている、他の相続人を見つけたいがどうしてよいか分からない、とお困りの方は、一度、相続専門の弁護士にご相談されることをおすすめします。

 

 

 

 

「相続」についてよくある相談Q&A