相続人が自分と自分の子だけである場合に、子どもの親権者なので勝手に遺産分割をしてしまってもよいですか?



answer

悩む弁護士のイメージイラスト親権者と子の双方が、亡くなった人の相続人となる場合、親権者と親権に服する子との間の遺産分割協議は、その行為の客観的性質上相続人相互間に利害の対立を生ずるおそれがある行為であり、親権者であるからといって勝手に遺産分割をしてしまうと利益相反行為に当たる可能性があります(ただし、子と共に相続を放棄する場合等は利益相反行為にあたらないとされています。)。

そのため、親権者と親権に服する子との遺産分割協議を行うためには、子のために特別代理人の選任を家庭裁判所に求めることになります(子が複数いる場合には、そのそれぞれに特別代理人が必要となります。)。

そして、親権者は、選任された特別代理人との間で遺産分割協議を行うことになり、特別代理人は、子を代理し、子の利益を考えて遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成します。

悩む弁護士のイメージイラストここで、未成年者に対し親権を行うものがいないときはどうでしょうか。

相続人が成人と未成年の兄弟であり、未成年者に対して親権を行うものがいないといった場合も考えられます。

このような場合には、家庭裁判所に対し、未成年後見人選任の申立てを行い、選任された未成年後見人との間で遺産分割協議を行うことになります。

未成年後見人は、前述の特別代理人と同様に、未成年者を代理し、その利益を考えて遺産分割協議を行い、遺産分割協議書の作成をします。

特別代理人や未成年後見人は、遺産分割協議にあたり、子の代理として子の利益を追求する者であるため、遺産分割協議書の内容が未成年者に非常に不利益であった場合等には善管注意義務違反による損害賠償責任を負う可能性があるので注意が必要です。

以上のように、共同相続人の中に未成年者がいる場合には、特別の配慮が必要となる場合があります。

どのような手続をとったらよいか悩まれている方は、是非一度、専門家である弁護士にご相談ください。

 

 

関連Q&A


[ 相続Q&A一覧に戻る ]
 

弁護士が教える!相続お悩み別解説