遺産が何かはっきりしません。私がまずすべきことは?



answer

相続人全員で協力し、遺産をすべて調べましょう。

今日では、終活という言葉もよく聞かれ、亡くなる前に自らの財産を整理し、遺言を準備する人も増えるようになりました。

遺言にすべての遺産が書き記してあれば、たとえ遺産が多くても、相続人は遺産をスムーズに把握することができるでしょう。

しかし、遺産がたくさんあるにもかかわらず、その一つ一つがまだ把握できていない状況での遺産分割は簡単ではありません。

また、遺産が中途半端にしか判明していない状況で遺産分割をしても、後から残りの遺産が判明すると、結局後で見つかった遺産について再度遺産分割をすることになりかねません。

そこで、まずは遺産の全体像をきちんと把握する必要があります。

協力のイメージ画像

ここで被相続人が残した不動産について調べる場合は、被相続人の名寄帳を、市区町村の固定資産税課で入手します。
それにより被相続人名義の不動産を明らかにすることができます。その後は、名寄帳に基づき、法務局で登記を入手します。

被相続人が預貯金を残しているがその金額が分からない場合には、被相続人が口座を持っていると思われる銀行に残高証明書を出すように求めることができます。

この残高証明書を確認することで、被相続人が残した預貯金の金額を把握することができます。

遺産の調査方法については、こちらでも詳しくご紹介しております。

 

他方で、遺産の全体像を把握すると同時に、遺産を適切に評価することも大切です。

特に不動産に関して、その評価に争いが生じることは少なくありません。

不動産の評価方法については様々な考え方がありますが、相続人間で合意が成立しない場合には、不動産鑑定士などの専門家に評価を依頼することになります。

 

不動産のイメージ画像

遺産として何が残されているかわからない場合は、上記のとおり、市区町村や金融機関などの関係諸機関から必要書類を取り寄せることが必要です。

それでもなかなか遺産の実情が分からず、お困りの方もたくさんいらっしゃると思います。

 

遺産の全体像を把握するには、相続の専門的な知識が必要です。

被相続人の遺産が把握できず、お困りの方は、ぜひ一度、当事務所にご相談ください。

 

 

関連Q&A


[ 相続Q&A一覧に戻る ]
 

弁護士が教える!相続お悩み別解説