花押を書くことは、遺言書の押印として認められる?!


奈良時代のイメージイラスト平成28年6月3日、ある最高裁の判例が出ました。それは、いわゆる花押を書くことは、遺言書として法的に有効と認められるための押印にはあたらない、と判断されました。

花押とは、奈良時代から存在する、自らの署名の字体を崩し、次第に抽象化・象形化していったもので、文書が真正であること(自分がその文書の内容を自分の意思に基づいて書きましたよ、ということ)を示すための記号・符号です。各人のオリジナルの花押が、その人が意思を表した文書だということを示したわけです。

契約現代でいう印鑑の役割を果たしていたようですが、現代では花押が用いられることはほとんどなく、印鑑が用いられます。

ところで、自筆証書遺言(いわゆる一般的な遺言)を有効に作成するためには、遺言者がその全文、日付、及び指名を自書し、これに「印を押さなければならない」とされています(民法968条1項)。
この裁判では、遺言書の「印」として、被相続人が花押を押していたことから、これによって有効な自筆証書遺言となるのかが問題とされました。

原審である福岡高裁那覇支部は、花押も民法968条1項の押印の要件を満たすと判断しました。すなわち、花押は、文書の作成の真正を担保する役割を担い、印章としての役割も認められており、花押を用いることによって遺言者の同一性及び真意の確保が妨げられるとはいえないことに加え、本件で用いられた花押の形状などを合わせて考えると、本件の遺言書における真意の確保に欠けるとはいえない、としたのです。

これに対して、最高裁は以下のような理由でこれを否定し、花押は民法968条で求められている押印の要件を満たさないものとしました。

裁判例のイメージイラスト「民法968条1項が自筆証書遺言の方式として・・・押印をも要するとした趣旨は、遺言の全文などの自書とあいまって遺言者の同一性及び真意を確保するとともに、重要な文書については作成者が署名した上その名下に押印することによって文書の作成を完結させるというわが国の慣行ないし法意識に照らして文書の完成を担保することにあると解されるところ(最高裁平成元年2月16日第一小法廷判決参照)、わが国において印章による押印に代えて花押を書くことによって文書を完成させるという慣行ないし法意識が存在するものとは認めがたい。
以上によれば、花押を書くことは、印象による押印と同視することはできず・・・要件を満たさない」

原審がいうように、たしかに本件の花押であれば、被相続人本人がその真意に基づいて作成した文書だと実質的にはいうことができそうです。そうすると、花押であっても最高裁の上記理由付けの前半における「遺言者の同一性及び真意を確保する」ということには反しないことになります。

したがって、最高裁としては、印章(印鑑)とは異なり、重要な文書の最後に花押を書くというような習慣は日本にはないということを理由としており、実質として真正な文書といえるかというよりは、形式として花押がどういう役割を果たしているかという点を問題にしているようです。

このように、遺言書の有効性の判断に当たっては、最高裁は今後も形式面を厳格に判断していくものと考えられます。

弁護士橋本誠太郎画像遺言書を適切に作成することは、被相続人の死亡後のトラブルを避けるための一つの手段でもあります。

遺言書の作成をお考えの方は、内容面も含め、形式的にもどのように作成するのがよいのかにつき(公正証書遺言など他の方法もあります。)、一度弁護士に相談されてみてください。
私たちデイライト法律事務所は、遺言書の作成につききっと皆様のお役に立てるものと自負しております。

弁護士コラム一覧