事例 夫の多額の遺産をめぐる紛争で遺産分割調停を成立させた妻の事案


事例 夫の多額の遺産をめぐる紛争で遺産分割調停を成立させた妻の事案

状況

被相続人 83歳で死亡(夫Aさん)遺産:不動産多数(合計約7000万円)、預貯金合計約3000万円
相続人 妻(Bさん)、子ども3名(C~Eさん)
相談者 妻Bさん

 

相談の経過

Aさんが亡くなり、BさんらはAさんの遺産約1億円を相続しました。

その後、遺産分割協議において、息子Cさんが知り合いの司法書士に依頼して遺産分割協議書を作成し、Bさんに署名を求めてきました。

ところが、この遺産分割協議書には、Bさんが取得するのは、価値があまりないと思われる3つの土地(相続税評価額2000万円)だけでした。

そこで、Bさんは、当事務所を訪れ、今後について相談されました。

 

弁護士の関わり

不動産について、適正価格を算定するために、すべての不動産の査定を行いました。

すると、不動産については、すべての合計で約7000万円、そのうち、Bさんが取得すると記載されていた3つの不動産の時価は合計1000万円にすぎないことが判明しました。

そこで、弁護士は遺産分割調停を申立て、遺産の合計額が約1億円(不動産約7000万円と預貯金3000万円)であり、Bさんは、その2分の1である5000万円を取得すべきであると主張し、相手方を説得しました。

その結果、調停が成立し、Bさんは、5000万円相当の不動産と預貯金を取得することができました。

 

補足説明

遺産において、不動産があると、その評価が最も重要となります。固定資産税や相続税評価額は必ずしも、適切な価格を表しておらず、これを基に分割協議を成立させると思わぬ損失を被ります。

不動産をめぐる遺産分割においては、査定に精通した弁護士にご相談されることをお勧めします。

 

 

解決事例一覧