事例 妹の遺産の遺産分割協議書の作成


事例 妹の遺産の遺産分割協議書の作成

状況

被相続人 87歳で死亡(女性Aさん)  遺産:預貯金約4500万円
相続人 姉(Bさん)、姪1名、甥4名
相談者 姉Bさんの子ども

 

相談の経過

Aさんが亡くなり、BさんらはAさんの遺産を相続しました。

しかし、Bさんは、体が不自由であり、介護施設に入所していました。そこで、Bさんの子どもさんがBさんに代わって事務所に相談に訪れ、遺産分割協議書の作成を依頼しました。

 

弁護士の関わり

Bさんが入所されている施設に面談に行き、遺産分割協議書作成の依頼を受けました。

弁護士は、相続人や遺産を調査し、法定相続分に従った遺産分割協議書を作成し、相続人に署名してもらいました。

その後、遺産分割協議書の内容どおり、金融機関から払出しを受け、各相続人に送金しました。

結果、Bさんは、遺産の半分である2250万円を取得できました。

 

補足説明

相続が発生すると、金融機関は、遺産分割協議書等を示さなければ引き出しに応じません。

また、後々トラブルにならないように、相続人の範囲や遺産の内容をきちんと調査し、遺産分割協議書を作成しておくことが必要です。

 

 

解決事例一覧